DTqhyy4VMAEKwOD

◆おすすめブログ
藤岡さんの機材に関して一部(とはいえメイン機材のほぼ全て)を引き継がせて頂きましたが、今後の活動の中でただ使用させて頂くのではなく、 ①引き継ぐ機材に関しては責任を持って可能な限り永続的に使用する。 ・藤岡さんのESPギターやKemperアンプ、メインで使用されていた機材は今後必ずステージ等で自分のメイン機材と同等の扱いで使用すること。 ・ESPギターに関しては今後も藤岡幹大シグネイチャー・モデルの販売が継続されるので、販売促進やロイヤリティ(売れた際にアーティストに入る収益)の為にも使用を怠らないこと。 ※ESPギターに関して所有権は原則ESPにあります。今後ESPギターの管理はESPを通じて行います。 ・今後、藤岡さんのギターの追悼展示等も行われると思われますので、展示等に関してもESPの管理の元、僕は積極的に協力させて頂きます。 ※ESPから近々お知らせがあると思います。 ・Kemperアンプに関しては、データ管理や整理を僕に任せて頂き、将来的に藤岡さんのデータ販売を行いたいと考えています(必要経費を除いた収益の全てを御家族にお渡しします)。 ・僕に限らず機材を引き継いだ人間が途中で使用困難、または使用不可となった場合は速やかに御家族へ返還、引き継ぎを知っている関係者への説明を行うこと。 ②引き継いだ機材と同じように使用してきた僕自身の機材はチャリティー・オークション等に出品し、その売り上げの全てを藤岡さんの御家族にお渡しします。 ・例えば、藤岡さんのMarshallキャビを引き継ぐ場合は僕が現在使用している改造Bognerキャビを出品する、等。 ③エンドースメントやそれに近い関係性のあった楽器・機材に関しては各ブランドや各メーカーに相談し、中には返品しなければならないものもあるでしょうし、そのまま引き継ぐか引き継ぎ不可なものはチャリティー・オークションへの出品を考えています。 この引き継ぎはミュージシャン間でよくある貰い物では決してなく、藤岡さんと御家族の想いが詰まった形見分けですので、ただ機材を「貰いたい」「使いたい」だけでは正直誰も納得出来ず、誰も幸せになれませんし出来ません。その想いを背負える方や、今後自身の機材が使えなくとも大切に扱い使用していく覚悟のある方に限り引き継いで頂こうと思っています。 大村孝佳
1001:2016/01/01(木) 00:00:00