Dl-hp9wX4AANpVN

◆おすすめブログ
2016年は、日本音楽にとって画期的な年だった、ピコ太郎の「PPAP」が全米ビルボードチャートの77位に、BABYMETALの「METAL RESISTANCE」がアルバムチャートの39位にランクインした。J-Popが「日本ファン」だけでなく、その外側にある、はるかに大きなレイヤーである「一般の音楽ファン」の評価を受けはじめた証だった。
昨年、ロンドン大学のSOAS(東洋アフリカ研究学院)で講義を行った。どのようなミュージシャンが、いま「日本ファン」以外の支持を獲得しているか、「男女」で明確に論じることができるという話もした。1つ目のカテゴリーは男性バンド。「英語の歌詞で、メインストリームのサウンドの、ロックバンド」。VAMPS、ONE OK ROCK、MAN WITH A MISSION、COLDPLAY、Crossfaithらだ。2つ目のカテゴリーは女性アーティスト。
「日本語の歌詞で、ノンビブラート、高中域のヴォーカル、アイドル的要素」。
きゃりーぱみゅぱみゅ、Perfume、SCANDAL、初音ミクらだ。この2つを掛け合わせると、BABYMETALが生まれる。
また、ピコ太郎の「PPAP(Pen Pineapple Apple Pen)」は、「21世紀の童謡」だったと私は考える。
この曲は、全世界の子供たちが英語で口ずさむことができる、史上初の日本の歌だった。
海外の視聴者によるリクエスト総数で決定する「J-MELOアワード・アーティスト部門」で、グランプリに輝いたのは「L’Arc-en-Ciel」「the GazettE」「SCANDAL」「BABYMETAL」の、たった4組だけだ。それらの曲を聴いたドイツからの留学生は、こう語った。
「J-Popは全然ポップじゃない。彼らはロックよ」。
1001:2016/01/01(木) 00:00:00