DSC_9695_fixw_640_hq
今年度は3年8カ月ぶりに「ご機嫌!Mr.トロピカロリー」がパフォーマンスされたほか、新谷ゆづみ、森萌々穂、野崎結愛からなる部活動ユニット・美術部 Art Performance Unit trico dollsがお披露目され、父兄を喜ばせた。
2018年度の活動を追った「あゆみの映像」が上映されたあと、ステージには日高にそっくりな“サムおじさん”がトランクを持って登場。
彼がそのトランクを開いてパチンと指を鳴らすと、モニターには古めかしい映像が流れ出した。映像に映っていたのは森萌々穂が部長を務める美術部 Art Performance Unit trico dolls。森萌々穂、新谷、野崎は色違いのベレー帽をかぶり、サスペンダー付きのペインターパンツを履いて登場し、フレンチポップナンバー「C'est la vie」をお披露目した。
trico dollsは「古代から現代までの美術、アートの世界を探求し、その素晴らしさを同年代や苦手意識を持つ方へ啓発する」をコンセプトに、堅苦しく感じる「美術(アート)の歴史的背景」だけではなく、「想い描いた世界、感じた彩りなどを躍動的に体現し、アートはアーティストのものだけではないモノ」ということをテーマに活動するとのことだ。
https://natalie.mu/music/news/309424
◆おすすめブログ
1001:2016/01/01(木) 00:00:00