D6IiZnvV4AEb0UQ


◆おすすめブログ
2019年内のアルバムリリース発表後では初となるBABYMETALの配信シングル。
Aメロでのドラムンベース&ジャズピアノの妖艶な響き、さらにサビでのオートチューン風ボーカルエフェクトという「非メタル」な要素を盛り込みながらも、それらすべてをトータル2分45秒のメタルポップスペクタクルに配置してみせる構築美――シリアスかつストイックな世界観を繰り広げてみせた昨年の2曲=“Distortion” “Starlight”とは一転、真剣勝負な遊び心に満ちた最新型ライブアンセムは、『BABYMETAL』『METAL RESISTANCE』に続く「3作目」の到来をより濃密に予感させるものだ。
曲自体はイントロから終盤に至るまでひたすら“疾走感”を貫いているかのような仕上がりで、近年、衣装やステージングに“ダークサイド”というテーマを掲げる、現在の彼女たちを思い浮かべると印象は真逆。
とはいえ、ポップなメロディでありながら〈火あぶり針地獄〉といった過激なフレーズや、地獄を意味する〈HELL〉などの言葉がちりばめられており、BABYMETALの持つ“変化球”的な振り幅が味わえる一曲となっている。
配信してまもなく「鬼リピート」や「絶賛リピート中」といったツイートも目立っていたが、実際に聴いてみると感じられるのはこの曲が噛めば噛むほど味わいがどんどん増すような、いわゆる“スルメ曲”であるということ。
イントロからの爽快感、キュートさに振り切ったSU-METALの歌声はほんの入り口に過ぎず、サビの終わりにあるMOAMETALも参加していると思われるユニゾンパート〈Going Up Going Down〉の箇所など、聴き込めば聴き込むほど注目するポイントも不思議と変化してくる。
1001:2016/01/01(木) 00:00:00