E-89auvVUAIbZDp
新谷ゆづみ&日高麻鈴がW主演する『麻希のいる世界』が来年1月公開されるようです 監督は『さよならくちびる』の塩田監督で、脚本は2人のために書かれたオリジナルだとのことです
という情報です!
◆おすすめブログ
塩田明彦が監督、脚本を手がける今作。2019年公開の「さよならくちびる」で新谷、日髙と出会った塩田監督は、2人の魅力を最大限に引き出すため、彼女たちを想定したオリジナル脚本を書き上げた。新谷が演じる由希は、重い持病を抱え、生きることへの希望が持てない高校2年生。ある日由希は、日髙演じる美しい歌声の同級生・⿇希と出会い、バンドを結成することに。そこへ、密かに由希へ思いを寄せる軽⾳部の祐介も加わり、由希の⽇常は⼀変していく。 新谷と日髙のほか、窪塚愛流、鎌田らい樹、八木優希、大橋律、松浦祐也、青山倫子、井浦新が今作に出演することも発表された。また、劇中歌は向井秀徳が提供。NUMBER GIRL「排水管」と向井秀徳アコースティック&エレクトリック「ざーざー雨」が使用される。